回路図2(50BM8パラシングル・国民機2号)

回路図2(50BM8パラシングル・国民機2号)

回路図

※回路図には6BM8とありますが、50BM8です。作図ソフトに50BM8の登録がなかったので、6BM8としています。ヒーター電圧が違うだけです。

<参考>50BM8ピン配列

※ピンの間隔の開いている2つが1番と9番。感覚の開いているのを上にして時計回りに1-9番です。

1番:3極管グリッド  <TG>
2番:5極管カソード  <PK>
3番:5極管グリッド  <PG1>
4番:ヒーター    <H>
5番:ヒーター    <H>
6番:5極管プレート  <PP>
7番:5極管第2グリッド<PG2>
8番:3極管カソード  <TK>
9番:3極管プレート  <TP>

解説

(2020.3追記)このアンプは、初めてオリジナルで回路を起こしました。といっても、自分で定数計算するとかのスキルは無いので、あちこちの回路のアレンジです。結構音が良くて、発表会にも出して好評でした。

その後、自宅使用を前提に、ボリュームは排除しました。プリアンプ(ラインアンプ)があれば、その方が音質上有利なので。。

今では、ラインアンプのボリュームすら排除(撤去はせずにMAXにして)して、ヤフオクで入手した、自作(出品者の)トランス式アッテネーターで音量をコントロールしています。私のように部品を集めてアンプを作る方は大勢いらっしゃいますが、トランスという部品レベルを自作される方がごくまれにいらっしゃいます。コアに巻き線機でくるくる電線を巻いていくそうです。さすがにそこまで真似できません。というか地道すぎて無理?とにかく尊敬します。

ですが、電源トランスレスは、使用上の危険(ホットとグランドを間違えるとヒューズが飛んだり感電する)があります。昔のテレビなどはコスト削減でその手法を使っていましたが、感電しないように木とプラスチックでボディが作られていました。裏側には「関電注意!」と恐ろしそうな警告が書かれていました。このアンプの場合、電源が直結された分(トランスを通さないのでストレート)、コストが下がって、音に力が出ます。一方で、電源品質にシビアです。家庭用電源で、他の電化製品からノイズが出ると酷いときは、それが音になって雑音化します。

SNSで、その話を投稿したら、信用されない(雑音)方がいらっしゃって、質問されたことがあります。「ノイズハーベスター」という電源ノイズでLEDが光るアクセサリを併用しているので、雑音に合わせてLEDが光ることをご説明しました。音が出るほどのノイズが電源に出るとは想像できなかったようです。オーディオマニアの中には、電源をクリーンにするために、マイ電柱とか専用の電源装置やブレーカーを設置(電力会社との交渉や別契約が必要になる場合も)する方がいらっしゃって、タモリ俱楽部でも取り上げられ、時々質問されますが、根拠があるんです。

しばらく使ってみて、ノイズが酷くなったので、いずれ普通に電源トランスを入れて製作したいと考えています。定年退職になったので、折を見てチャレンジしたいと思っています。

回路図・部品表カテゴリの最新記事

ページトップへ