12BH7SRPPプリ変形版回路図

12BH7SRPPプリ変形版回路図

この回路図は、原型版の回路図がヒーターバイアスかかける前のものであったり、特殊な電源トランスを使用したものでしたので、追試がしやすいようにアレンジしたものです。

このサイトを見ていただいた方から追試のご相談を受けました。(ありがたやー!)

お話を聞くと、百十番と同じく文科系の方で乾電池と豆電球で電気を覚えた後遺症で、なかなか電子回路がなじめないとのこと。

自作を始めた頃の百十番と同じです。

エレキット(失敗だったとか)と超3アンプ(こちらは成功)を経て、百十番式プリアンプ(ラインプリ、原回路は<ahref=”http://www.asahi-net.or.jp/~ZZ2T-FRY/kankyu.htm”>フルヤさん)に挑戦とか。

おまけに成功したらそのノウハウをサイトにアップして貰えるかも知れません。

まだどうなるかはわかりませんが、「自作なんて無理」と諦めがちな電気音痴の文科系人特有の悩みを持つ人に参考になるコメントを頂きましたので、ご本人の許可を得て紹介します。

<ユイさんのコメント>

超3アンプは、有名な山田さんの2万円アンプの丸ごとコピーでした。

FETの脚の位置の説明がないとか、半固定VRのつけ方がよくわからないとか、調整するときのテスターをあてる場所がわからないとか、初心者がつまずく点はいくつか残っていますが、それでも作ってみようという気にさせるコンテンツでしたし、実際に私でもつくりあげられました。

疑問点は、手作り真空管アンプの会の質問コーナーにキーワードを入れて、根気よく根気よく類例にあたることでなんとかなりました。

結局、大勢の好意に支えられているコンテンツなんだなと思いました。
(2万円アンプの音は少々厳しいです。硬質というか、もっとしっとり感が欲しいです)

私がプリアンプをつくろうと思い立った経緯は百十番さんに近く、ところがパワーアンプやスピーカーなどに比べ、力に見合ったサイトがほとんどないというのが現状かと思います。

自作しようかと考えるも、できそうな情報がない、自作の書籍を見ても1ページ目にロードラインを図示していて何のことかさっぱりわからない、またプリアンプの作例は少なく、ほとんどがフォノイコライザ機能が付いている、あるいは高価な部品を使っており、価格面で市販品との差を感じられない等等。

製作自体に興味を持てる方は、より良いものを求めてるでしょうが、私のような、自作しなくて済むならつくらないでいたい、その時間をより多く鑑賞にあてたい、というスタンスでは、作り上げることが出来ないかも知れないと不安にもなり、いっそ市販品を、しかし高価であると、また堂々巡りしてしまいます。

ざっとの見込みですが、1万数千円でプリアンプが自作できれば、大勢の役に立つのではないかと。

なるべく今回の製作を大勢の方に役立てられるようにと、ホームページ形式で簡単な経緯と、実際に製作し完成していく過程を画像入りでまとめようかと考えています。

お約束できる自信はないのですが、とにかく、そのページを閲覧すると、これなら自分でもつくれるや、という気にさせ、実際につくれるようなコンテンツになればとぼんやり考えています。

誰のアドバイスも必要ない、やさしく簡潔なものにしたいです。

プリアンプを使う使わないは個人の嗜好ですが、私は絶対にあったほうが良い、というか、一度付けると外す気にはなれません。

しかしちょっと試すには市販の真空管プリアンプは高価なものが多いですし、一番敷居が低いと思われる、エレキットのTU-875にしたところで3万円近い出費です。

しかも私には組み上げることができませんでした。(片チャンネルしか)

回路図・部品表カテゴリの最新記事

ページトップへ