回路図(300Bモノアンプ91型)

回路図(300Bモノアンプ91型)

*ゲインが高すぎて、ホワイトノイズが乗るので調整しました。B電源回路のB1からB2を繋ぐ抵抗を10Kから56Kへ。

B4からB5を繋ぐ抵抗を220Kから75K
(ここは最初から75Kにすべきでした。WEの原回路もそうなっています)に変更しました。

NFBが、オーバーオールではなく、トランスの1次側というのが特徴の一つですね。これは、当時の出力トランスが、電気的性能があまりよくなくて、こうせざるを得なかったという説が有力です。そのため、昨今のアンプではあまり使われませんね。他にも一般的回路にはないWEならではの要素があります。

有名なWEの91型という300Bシングルアンプのモデファイです。アレンジしすぎて、良い音が出るかどうか疑問です。モノラルで製作したので、今一つ自分でも評価しきれていません。本当は初段に310という真空管を使うのですが、当時は復刻生産が無くて高価なため変更しました。

一般的には、初段を省略して2段増幅にする作例が多いようです。しかし、季刊誌の管球王国などを読むと、3段増幅こそがオリジナルに近い音と書かれてあり、それを踏襲しました。WEは、入力がトーキーの映写機だったので、CDやイコライザアンプと違って、ゲインを高くする必要があったそうです。でも、当初は高すぎて調整しています。

このサイトでは、意外にも回路図のアクセスが多く、おそらく資料価値があるのだと思います。ですが、このアンプの場合はあまり自信がないので、製作をされる方は、定数を今一度見直してください。それと、無対策の交流点火はさすがに厳しかったです。ここはやはり直流点火をおすすめします。

こちらのアンプは、今でも5.1chのサラウンドシステムのセンターとして使っています。センターは映画などのセリフを受け持つので、トーキーの歴史を背景としたセリフ再生に定評のあるWE(ウエスタンエレクトリック)の回路はピッタリではないかと、自己満足しています。

(2020.3追記)定年になって時間ができたので、そのうち2段増幅のオードドックな回路も試したいと思っています。しかしその場合、おおよその部品は見当がつくのですが、カップリングコンデンサーだけは音質を大きく左右するキーパーツなので、充分に吟味しないのいけません。また、新しいアンプの置き場がないという問題は、今もって解消していません。それをどうするかが先決かもしれません。

 

回路図・部品表カテゴリの最新記事

ページトップへ