システムのエア録音を通じてわかったこと

システムのエア録音を通じてわかったこと

カメラ、マイク、レコーダーを購入

エア録音(空気録音)が楽しくなり、機材をいくつか購入しました。
手持ちのアンドロイドのスマホから始めたものの、画質、音質、編集全てが当初は気に入りません(当然ですが)。
マニアなので、やはりある程度はこだわりたい。動画は専門外ですが、録音や写真は学生時代に多少心得があります。

たしか、ステレオコンデンサーマイクは持っていたはずだと、押入れをあさったら、使えないエコーマイクが出てきました。まあ、カラオケ練習用になるかな。

私のホームビデオは、8mmで古すぎる(2台目ですが)ので、家族にHDのメモリー記録機を借りましたが、これもかなり古いタイプで、フルHDではありません。微妙にスマホに見劣りします。そこで、中古を物色し、カメラ2台、PCMレコーダー1台を購入しました。

詳しくは省略しますが、これらも古くてスマホに微妙に勝てない!結局、まともなカメラを検討し始めたら、何と息子が所有していました。次にマイクですが、この動画のような、少し変わったレコーダーを購入しました。

マイク検討過程で、フェイスブックやyoutubeのコメント欄で、マニアと情報交換しました。いろいろな機種を教えてもらい、実際にそのかたが公開した動画を視聴すると、ある程度の傾向もつかめます。

で、そのあたりで分かってきたことですが、単に音をシャープに録るなら、マイクをスピーカーに近づけたり、極端なことを言うと高性能ガンマイクをスピーカーに向ければよいのだろうと思います。スタジオエンジニアさんの動画を見ると、マルチマイクの場合、ギターやベースはアンプのスピーカーにくっつくようにマイクセッティングしています。

一方で、なぜエア録音(空気録音)をするかというと、システム全体の傾向を知ることができるためです。アマチュア用マイクと圧縮音源というレギュレーションでは、まともなマニアの鑑賞に耐えるレベルにはなりませんが、百聞は一見に如かずで、特徴あるスピーカーなど、傾向は分かったりします。そして、システム全体というのは、今のオーディオでは、セッティング(スピーカー位置など)やルームアコースティックも包含します。よって、部屋の響きもある程度入れたエア録音の方が、他の人の物を見ても楽しめる、ということが分かりました。クラシックのレコーディングに通じるものがありますね。

今後は仲間のシステムも紹介していきたい

今回は、折角新品の【ZOOM H3-VR】(360° VRオーディオ・レコーダー)を購入したので、流行りの開封動画にしてみました。マイクの開封動画はたくさんあるのですが、開封して終わり(音は次回とかで)とか、単に喋りや環境音のテストで終わるものが多いです。大部分の人は、しゃべりで勝負しているので仕方ないですが。

カメラの使いこなしや照明はまだまだこれから修行ですが、収録は当面、このレコーダーで行こうかと思います。
すでに、仲間のマニア2人に収録の許可を得ていて、自分だけではなく、仲間の音も紹介できたらと思います。

結構やることが多くて、定年後ですが、退屈どころが目が回りそうです(自業自得?)。

いまのところ、メインは6BQ5ppでやっています。先日、NEC製のビンテージを入手したら、予想以上に良かったです。NECはWEの元子会社ですが、あまり真空管の音質は良い経験がなかったのですが、偏見でした。

 

お知らせカテゴリの最新記事

ページトップへ